yhthm_pic

京田辺の礼拝堂

所在地
用途
規模
延床面積
構造


時期

京都府 京田辺市
チャペル
RC+S
156m2
久米弘記建築構造研究所
2012年12月
コンペティション

大学内の礼拝堂と集会施設の計画。

路を挟んだ二つの施設が一体感を持ち、周辺に対して開かれ、人々が親しみ集まれる場を目指した。
互いの敷地の角を向かいあわせに開き一体の広場とした。庇の下の空間は、開かれた広場と、親密さ/聖域として閉じた礼拝堂とを繋ぎ、その連続する開放性のグラデーションが、人を招き、様々なシチュエーションに対応する空間を構成している。
礼拝堂は、知・徳・体の三位一体の調和を表す校章、キリスト教の三位一体との共鳴、敷地から導かれたおおらかな三角柱からなり、弧を描いて切り取られたスリットが人々を導き入れ、内部には上昇感をもつ神聖で象徴的な光をもたらしている。

kyotanabe01t

kyotanabe02t

kyotanabe03t

kyotanabe04t

kyotanabe05t